実際にミュゼに行って脱毛を受けた時のことと動画

美容面の悩みというのは尽きません。ムダ毛というのも女性の永遠のテーマです。わたしもカミソリを使った10代の頃から毛深くなったのがコンプレックス化しています。毛抜きや除毛クリームを活用してみたこともありますけど、どの方法も腑に落ちず現在に至りました。

やっと30代になった頃から興味を持ったのがミュゼプラチナムです。

ミュゼでは、ワキやビキニラインの脱毛が破格というほどで、ホームページから「勧誘をしません」と宣言をしています。これなら通いやすい条件をクリアしているかと思い、初回のカウンセリングを体験してみることにしました。
私が実際に予約を入れたのは、ミュゼの大阪梅田店(グランNU茶屋町店)です。

サロンの場所は、駅ビル内という立地だったので、はじめから迷うことなく辿り着きました。当日の相談を担当してくれたスタッフさんも女性だったので、気兼ねをせずに悩みを聞いてもらえたので良かったです。肝心のワキ脱毛は、サロンのホームページに記載されてあった通りに100円以外は掛かっていません。

永久脱毛ではないから毛が濃い人にはさほどおすすめではない!

正直なところを言うと、ミュゼなどの脱毛サロンっていうのは法律での「脱毛」と呼ばれるものには該当しません。
というのも認可を受けた医療機器を使っているわけでもなく、且つ医者がいるわけでもないのでその条件を全然満たしていないんですね。
しかも脱毛マシンは威力も弱めでありじっくり時間をかけて毛を減らせればラッキーくらいなものです。
つまり毛が濃い人には無意味である可能性が高いし、減ってもそれは一時的なものでしかないんですよね。脱毛初心者はこれがわかっていません。

じゃあどうすればいいのか?という話なんですが、サロンではなく医療レーザー脱毛に行くのがベストです。
医療脱毛は医療レーザー機器で施術する本物の脱毛なので永久脱毛とアピールできるし、火傷とかしてもそこは病院なので治療も即できます。
例えば私がいる大阪だとサロンも多いですが脱毛できるクリニックも相当多く、最近ではかなり低価格化も進んでいます。これが地方だと厳しいんですが新幹線に乗って通う人もいるくらいなのでいかに医療脱毛が優れているかはわかると思います。
大阪での脱毛環境はここ(永久脱毛、大阪ならここ)を読めば大体わかりますがクリニックが思った以上に多いな!と思うはずですよ。

というわけでこれがまさに「ミュゼのホントのとこ」と言ってもよく、結局は脱毛にも該当しない、抑毛レベルの施術でしかないんです。
その辺をことをよく理解して利用するか、またやっぱり違うと思って医療脱毛に行くかを決めることにしましょうね。